用途に困ったマンションを賃貸に出すことにした後の一連の作業と契約内容

誰も住むことが無くなったマンションを所有

誰も住むことが無くなったマンションを所有 / 大きな負担を感じることもありません / 長期的なプランも非常に立てやすい

誰も住むことが無くなったマンションを所有しており、長い年月が経過していました。
数年前までは甥っ子に無料で貸していた物件ですが、後に家を購入したことで空き室になったまま放置してきた背景があります。
そのまま所有していても毎年の固定資産税の金額は負担になっており、当初は売却を検討していたのですが、知り合いの不動産会社に勤務している方がいて、色々な事例を教えてもらったことで、私のマンションの場合は賃貸に出す方にメリットがあることを理解しました。
売却を利用した際の大体の査定額は600万円程度と判断することができ、賃貸の場合は立地条件や交通アクセス、買い物の便利さ、駐車場付きなどいくつもの優れた一面があることで月額8万円程度で貸し出しを行えるという計算式でした。

マンション 賃貸に出す分譲マンションを賃貸に出すときのポイント4選